商品写真 ペプチド化プラセンタ®で、肌本来のうるおいを。一晩で、ちがいを感じる。新発想プラセンタ※美容液 HPP-320※うるおい成分 ペプチド化プラセンタ®で、肌本来のうるおいを。一晩で、ちがいを感じる。新発想プラセンタ※美容液 HPP-320※うるおい成分

潤生とは

生命のみなもとを、そのままの肌へ。

自然は生きています。 実りゆたかに、たくましく生きる、この自然の力そのままを、あなたの肌に届けたい。 そうして生まれた新しいスキンケア・ブランドが、潤生-JUNSEI-です。 潤生-JUNSEI-のプラセンタ※美容液、 「HPP-320」は、北海道日高町うまれ。 サラブレッドの産地として名高いこの町で、 たいせつに育てられた名馬から生まれるプラセンタ※。 その力を、新鮮なまま、純なまま、あなたの肌に届けます。 あすの肌へ、うまれたてを、そのままに。 “潤生-JUNSEI-”から、プラセンタ※美容液「HPP-320」、誕生です。 ※うるおい成分

私たちのこだわり

変化する肌に、ほんとうのうるおいを。

環境による刺激や、体調、歳月によって、肌は日々変化しています。 そんな肌を守り、乱れがちなコンディションを整えるために不可欠なのが、たっぷりのうるおい。 けれど、ただ肌表面に水分を与えるだけでは不十分。 私たちが目指したのは、肌をすこやかに保つための、ほんとうのうるおいでした。

着目したのは、北海道の自然と科学。

研究を重ね、私たちがたどり着いた答え。 それは、北海道にありました。 日高の豊穣な大地で育てられたサラブレッドのプラセンタ※と、長年、肌サイエンスに取り組んできた北海道科学大学の研究チーム。 その2つの出会いから、肌に、ほんとうのうるおいを与えるHPP-320が生まれたのです。 草を食む馬 日高町 川上悦夫牧場

製品情報

HPP-320を使用した
様々な商品を開発中です。

あすの肌へ、うまれたてを、そのままに。 潤生プラセンタ